上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月いっぱいでサンズサンが閉店となりました。
これがホントの食べおさめ…ということで
閉店数日前に行ってきました。

今回はあらかじめお願いをしてカウンター。
RIMG1396.jpg
ある意味、個室のようなこのカウンター
贅沢です!
RIMG1406.jpg
同伴者は…アノ
ハッシュ殿



いつもコースをお願いしていましたが
最後ですから…ハッシュが一緒ですから…
アラカルトでいろいろ頼んでしまいましょう!

まずはパテドカンパーニュ
RIMG1412_20120307210142.jpg

RIMG1411.jpg
そうなんだ!単品でオーダーすると
こんな大胆に登場するんだ!!
RIMG1416.jpg
ぎゅっと凝縮された豚肉の旨味が噛むほどにあふれ出し
口の中の温度で溶ける脂が包みこみます。
何度食べたかわからないパテドカンパーニュ
最後にして思う存分堪能しました。

天然サツキマスのソテー
RIMG1417.jpg
皮目はパリっと、身は限りなくレア
しっとりやさしい舌触りがたまりません
RIMG1418.jpg
添えの野菜もたっぷりと…
これがまた次の料理を楽しむ準備となるのです。
RIMG1423.jpg

富山 赤海老のオーブン焼き
RIMG1433.jpg
海老好き日本人ですからテンション上がります!
香ばしい香りの横にはバジルソースが添えられていました。
そしてその奥にはラタトゥイユ
RIMG1431_20120307220904.jpg
甲殻の香ばしさと
身の甘味を一緒に楽しむのが一番!とバリバリ食べます。
「うまっ」このコトバしか出ません。
はじける身だけを食べてもこれはこれで素晴らしい!
何も邪魔しない旨味だけを存分に。

いよいよパスタです。
私は、白子と天然きのこ、冬野菜の塩パスタ
RIMG1425.jpg
コレですよ。この白子!
シェフは「今日はラッキーですよ!」
なんておっしゃってましたが、惜しげもないこの白子
このヒダが大きいほど高級品なんだそうで…
RIMG1428.jpg
クリーミーな海の恵みと共にリングイネ
口の中で贅沢に広がります。
ネギのとろりとした甘味もカブのジューシーさも
きのこの香りもすべて余すことなく楽しめる
あさりのエキスを含んだシンプルな味付けは
素材ひとつひとつの美味しさを知り尽くした
シェフだからこそできる勇気…なのかもしれません。

ハッシュオーダーの
RIMG1424.jpg
越前あさりのトマトパスタ
これだけの大ぶりのアサリはお見事!
一口いただきましたが、口に運ぶそばから
トマトを煮詰めたジャムにも似た甘い香りが鼻を通ります。
白子のパスタの興奮覚めやらぬ間に
またこのパスタを口にする幸せ…恵みに感謝ですね。

小麦香る丸パンは私が望む一番の理想
もう一個食べたかったのだけど
当日焼きたては残り一個
それはやっぱりハッシュに譲ります(笑)
このトマトソースをたっぷりと…譲ったのは正解です。

この頃からシェフが心配し始めました。
「まだお料理続きますけど大丈夫ですか?」

ご心配なく…(笑)


豚肩ロースのソテー 
RIMG1439.jpg
甘酸っぱい赤ワインソースが
豚の脂によく合います。
豚肉特有のキシっとした身には
たっぷりの野菜がよく合います。
RIMG1435.jpg

そして
RIMG1444.jpg
天然真鯛のアクアパッツァが
黄金色に輝いて登場しました!
RIMG1452.jpg
魚介の旨みが溶け出たあふれんばかりの極上スープを
再度吸った真鯛の身は最高です。
御頭までしっかり味わいました!

最初にして最後のカウンター
最初にして最後のアラカルト
素晴らしかっただけに惜しい…

けど、シェフはさらにグレードアップするための
お休みだということを教えてくれました。

キーワードは「窯」


ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみに…。



そしてハッシュ殿、ありがとう。





サンズサン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sakuraoishii.blog94.fc2.com/tb.php/99-c7376267
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。