上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から「行きたい!」って
手を挙げている友人の念願叶って!?

ロザリエッタ

私は何度も訪れているはずなのに
やっぱり毎回ワクワクします。
アラカルトでいろいろいただきます〜♪

RIMG1338.jpg

最初はロザリエッタの菜園
RIMG1339.jpg
さといも、さつまいも、じゃがいも
それぞれお芋のほっくりな個性
カブのみずみずしさ、にんじんや春菊の香りと食感
菜園が欲するバーニャカウダソースで。
合間に食べるふわふわのパンに染みるソースは
私の体にも染みるのですよ。ホントに美味しい!

小ぎすのエスカベッシュ
RIMG1343.jpg
ちょっと粗めのシャッキリ玉ねぎをそえて
程よい酸味でいただくのは旬の小ぎす
さっぱり美味しく…

イカスミの六穀リゾット
RIMG1344.jpg
この色には似つかわしくない!?
やさしいまろやかさ
アルデンテ六穀をかみしめれば
奥にしっかりした旨みが吸い込んでます。
添えられたいかのやわらかいこと

ピッツァは2種迷いながらチョイス

まずはナポレターナ・マリナーラ
ロザ生地に惚れ込んでいるのに
このピッツァを今更食べてる私…
もっと早く食べておくべきでした。
トマトソースとオリーブ、自家製アンチョビ
シンプルなピッツァに物足りなさなどまったく感じませんよ。
さっくりと窯焼きならではの香ばしさ
そしてちゃんと兼ね備えているもっちり感…
ロザ生地の素晴らしさを思う存分楽しめます。
RIMG1346.jpg

となればもう一品はコレでしょ!
クアトロフロマージュ
RIMG1347.jpg
たっぷりチーズのまろやかさに
ゴルゴンゾーラの刺激、塩気をはちみつがまとめます。

この2種のバランス絶妙です!

パスタはマスターおすすめ
しきんぼうときのこのパスタ
これまだメニューにないのでしょうか!?
近々デビュー?
RIMG1360.jpg
飛騨牛の希少部位(だそうで)きしんぼうの煮込み
フォークを置くだけでホロリとほどけるきしんぼうが
タリアテッレにしっかり絡むのはなめこなど、きのこのおかげ様
きしんぼうの旨みときのこのエキスが濃厚でありながら
後味はさっぱり。

RIMG1349.jpg
白子のソテーです。
口の中で臭みがまったくないクリーミーな白子が広がる幸せ
焼き加減が絶妙です!
RIMG1351.jpg

ボーノポークのグリル
RIMG1355.jpg
白いディッシュに描くバルサミコソースや
にんじんのあしらいがステキです。
RIMG1356.jpg
前にもいただいてただただこの食感に
驚かされたボーノポーク
豚肉特有のきしんだ感じがなく、
しっとりとやわらかいながらもかみごたえがある…
これはボーノポークがすごいのか
グリル具合がすごいのかなんていうのは野暮ですね。

ここで終わりにしてしまうのが惜しくなりもう一品
的鯛のソテー 肝ソース
RIMG1369.jpg
自らの肝で作ったクリーミーなソースの上に
ぽってりと鎮座する的鯛

この繊細な身にたっぷり絡めるソース
そこはかとなくの肝具合と塩加減で
この繊細さが力強く主張し始めました!
RIMG1371.jpg
皮目の焼き具合もすべて生かしきって絶品!
最高です!

即フォカッチャ追加
RIMG1370.jpg

デザートは
RIMG1373.jpg
ピッカンテ、レアーチーズ、ゴルゴンゾーラのベイクド
それぞれ好きなケーキを選んだら
偶然にもチーズづくし
これは完全にクアトロフロマージュの刺激に感化された結果



私のワクワクにしっかり応えてくれた
ロザリエッタの料理たち
デザートまでしっかり…ながらも
食べ終えた体が教えてくれる軽さは
素材の良さとそれを生かした調理のたまもの
今宵も満足





ロザリエッタ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sakuraoishii.blog94.fc2.com/tb.php/98-9d48ec3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。