上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロザリエッタ
もうすでに4回目です。


以前

「まだまだあれもこれも…
まだまだあの人とこの人と…

ロザリエッタを楽しむのです!」


と記しました!


だから楽しみましょう♪


初めて行ったときに
カウンターでハイテンションになっていた私
今はもうすでにカウンターが定位置です!?


今回も運転してくれた友人に感謝しつつ…
RIMG6068.jpg
友人はケールとりんごの生ジュース
RIMG6070.jpg
ケールがないことに気付き、畑に穫りに行ってましたよ!

本日のロザリエッタ菜園です。
RIMG6069.jpg

自家製オイルサーディンとガーリックトースト
RIMG6073.jpg
青魚こその脂の香りを味わいます
自家製ジェノベーゼの鮮やかなこと
RIMG6076.jpg
わざわざ自家製と書きましたが
料理へのこだわりを
食材のこだわりにまでもっていけば当然こうなるのですね。
でもこの「当然」になかなか出会えないものなのです。

飯蛸のおぼれ煮
RIMG6071.jpg
メニューに書かれたひとことがすごい!
「みずからの水分で煮込む。トマトで煮込む。コルクを入れる…」

コルクを入れる!?

イタリアではタコを赤ワインで煮るときに
コルクを入れて煮るのだそうです。
科学的根拠はないそうですが
タコがやわらかくなるそうです。おもしろい!!
そして間違いなくやわらかかったです。

新鮮なレバーとトマトで六穀米リゾット
RIMG6083.jpg
レバーをリゾットにまとわせるなんて新鮮だからこそ!
臭みはもちろんありません。
小豆なのかわからない!?という地場産の豆の固さも絶妙です。
RIMG6087.jpg
そして大切なのはこのトマトの酸味
これがこのリゾットをおもしろくしています。
あ~またすぐ食べたい!

飛騨牛ホホ肉の赤ワイン煮
RIMG6090.jpg
前回食べたものとは様子が違う赤ワイン煮
つややかで大人っぽい!
RIMG6095.jpg
スッとナイフが入るのに口の中で弾むホホ肉。
煮詰めた赤ワインの甘酸っぱい深さは贅沢。

新じゃがいものニョッキ たっぷりの雲丹と新玉ねぎのソース
RIMG6078.jpg
ふわふわで口に入れるととろけるニョッキ
雲丹クリームは濃厚なのだけど
新玉ねぎのおかげか後味はさわやかな甘みで意外にスッキリ。

デザートはフラゴーラ
RIMG6104.jpg





今回もいっぱい遊びました!?
楽しかった~!
今、私がハマってる遊び場
ロザリエッタでした。

つづく(笑)






Rosarietta
http://rosarietta.jp/















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sakuraoishii.blog94.fc2.com/tb.php/29-0fe3bbdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。