上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年近く住んでいた地を離れ
新しい地で生活をするようになって
もうすぐ1か月になります。

落ち着いてパソコンに向かえるようになり
久々の更新です。



引っ越す前に住んでいたところから
比較的近い場所にこのお店があります。
RIMG2680.jpg
てんぷら 元(はじめ)
RIMG2681.jpg

ずっと気になっていながらもなかなか行けず
やっと行くことができました。
今回は天ぷらコース3,200円。

お通し  ごま豆腐
RIMG2684.jpg
ぷるんと口の中に滑り込めば
その後はねっとりとまとわりつく甘みと香り
楽しんでいる合間にこんなセッティング
RIMG2682.jpg
ヒマラヤ岩塩、カレー塩
そして醤油スパイス

えびとモロッコいんげん
RIMG2686.jpg
岩塩でいただきました。
RIMG2687.jpg
さっくりと衣が割れたその中から
フワッとあがる湯気とともにエビの香りが鼻を通ります。
プリっとした揚がり具合はもちろん絶妙!

自家製ハム
RIMG2690.jpg
天ぷらだけで満足させることなく
こうした丁寧なこだわりでのもてなしはうれしいですね。
RIMG2692.jpg

こんにゃくと飛騨なめこ
RIMG2694.jpg
RIMG2695.jpg
まさかなめこを天ぷらでいただくなんて…
大きななめこは食べ応え十分
醤油スパイスがよく合います。

RIMG2696.jpg
このタイミングのこのサイズがちょうど良い
のど越しが気持ちいいお蕎麦でした。

穴子
RIMG2689.jpg
口の中でやわらかく広がるアナゴの身
太白ごま油と溶け合う脂の旨味
RIMG2701.jpg

天然鮎の天ぷら
RIMG2697.jpg
丁寧な下ごしらえ
頭か尾っぽまでサックリふっくら
岐阜が誇る清流で育まれた味は究極の地産地消
この季節、ぜひ味わっていただきたいし
私も再度味わいに行きたいと…。

RIMG2699.jpg
添えの空豆もほっくり

最後は天茶、ミニ天丼、梅茶づけから選べます。
私は天茶
RIMG2703.jpg
澄んだ出汁に揚げたてのかき揚げがのせられたときの
音も楽しめます。
RIMG2704.jpg
これだけ天ぷらが続いていながらも
まったく飽きることももたれることもなく
スッキリいただけてしまう優しい味です。

これは同伴者のミニ天丼
RIMG2702.jpg
ミニと言いながらもけっこうしっかり!
次回はこれかな。

デザートでさっぱり
RIMG2706.jpg

本格的な天ぷらをリーズナブルに…
豊かな気分で大満足でした。







てんぷら 元






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sakuraoishii.blog94.fc2.com/tb.php/109-76b5b0ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。