上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月、下呂に行ってきました。
目的はもちろんのんびり温泉…

そして「志むら」です。

数年前に知人の紹介で訪れてから
すっかりファンになってしまいました。

温泉街近くの山をかなり登っていきます。
人里離れ、心細くなったころ!?に見えてきます。
RIMG3030.jpg
美しく整えられたこの趣にほっとします。
RIMG3032.jpg
目の前に広がるのは
RIMG3027.jpg
すぐ横には
RIMG3026.jpg

RIMG3034.jpg

RIMG3035.jpg

RIMG3037.jpg
素敵な個室がいくつかあるのですが、
今回は7人でお邪魔したので大きな広間に通していただきました。

まずは一杯…
RIMG3051.jpg
といきたいところですが、
ドライバーのためノンアル。
でもとってもおいしかった!グラスも素敵。

前菜
RIMG3038.jpg
じゃがいも豆腐
RIMG3042.jpg
北あかりのほっくりしたでんぷんの甘みを
優しく味わえます。

天然なめこしょうゆ漬け
沢蟹の素揚げ
稚鮎の煮付け
RIMG3041.jpg

鮎の白子
ふき味噌
ベビーコーンカレー風味
RIMG3040.jpg

飛騨牛しぐれ煮
地鶏肝の煮付け
オクラ
RIMG3039.jpg

あぶらめのフランス煮
RIMG3043.jpg
揚げて香ばしいあぶらめ
甘辛く煮あげたこの逸品は箸が止まりません。


こも豆腐と生麩の煮もの
RIMG3044.jpg

飛騨牛ローストビーフと
川マスの刺身、下呂名産こんにゃく
サラダ
RIMG3052.jpg
ほどよく肉汁が染み渡るしっとりローストビーフ
さわやかな川の香りをまとったマス
プルっと冷やかに気持ち良いこんにゃく
ハリっとした自家菜園野菜たちの瑞々しさ
RIMG3053.jpg

RIMG3054.jpg
香ばしく焼き上げられた天然あまご
全体に脂がいきわたり、ふっくら香りよく、
塩ではなく、だしじょうゆでさっぱりいただきました。

天ぷらは
あぶらめ、北あかり、みょうが
オクラ、ヤングコーン、大浦短形牛蒡
RIMG3056.jpg
しょうゆか塩でいただきます。
あぶらめは…
RIMG3058.jpg
子持ちでした。
RIMG3059.jpg
さっくり薄付きの衣はとても軽く、
油と小麦の甘みと香りを楽しんですぐ素材の旨味を包みます。

飛騨牛ネックの煮込み
RIMG3060.jpg
トロッと煮込まれて
牛肉特有の香りも旨味も添えの野菜や春雨に
すべてからめて堪能します。
RIMG3062.jpg



メインは、飛騨牛の味しゃぶ
RIMG3063.jpg
霜降りが美しい飛騨牛
RIMG3065.jpg
天然きのこの旨味が溶け出した極上出汁に
さっとぐぐらせていただく飛騨牛
出汁の旨味は引き立て引き出す絶妙な絡み
RIMG3064.jpg

RIMG3069.jpg
もちろん出汁はすべて飲みほしました!!

実は2人ほど牛肉が苦手であることを伝えておきました。
そんな2人はなんと
RIMG3066_20120807130232.jpg
蟹を用意していただいていました。
出汁も蟹用に変えてくださったそうです。
こちらもおいしそう…

志むらはお米にもこだわっています。
以前、あの「龍の瞳」をこちらで初めていただき感動!
すっかりハマってしまったのです。

今回は、その龍の瞳を取り扱ってる
飛騨まんま農園のこしひかり
粒こそは小さめですが、龍の瞳に負けず劣らずのおいしさです。
RIMG3075.jpg

デザートは自家製ブルーベリーのシャーベット
RIMG3076.jpg
まるでブルーベリーのペーストを
食べているかのような濃厚さに驚きました。


一品一品にこめられた山、川の恵みに感謝する思いが
伝わる素晴らしい時間を過ごしました。

また季節を変えて伺いたいと思います。





志むら





スポンサーサイト
10年近く住んでいた地を離れ
新しい地で生活をするようになって
もうすぐ1か月になります。

落ち着いてパソコンに向かえるようになり
久々の更新です。



引っ越す前に住んでいたところから
比較的近い場所にこのお店があります。
RIMG2680.jpg
てんぷら 元(はじめ)
RIMG2681.jpg

ずっと気になっていながらもなかなか行けず
やっと行くことができました。
今回は天ぷらコース3,200円。

お通し  ごま豆腐
RIMG2684.jpg
ぷるんと口の中に滑り込めば
その後はねっとりとまとわりつく甘みと香り
楽しんでいる合間にこんなセッティング
RIMG2682.jpg
ヒマラヤ岩塩、カレー塩
そして醤油スパイス

えびとモロッコいんげん
RIMG2686.jpg
岩塩でいただきました。
RIMG2687.jpg
さっくりと衣が割れたその中から
フワッとあがる湯気とともにエビの香りが鼻を通ります。
プリっとした揚がり具合はもちろん絶妙!

自家製ハム
RIMG2690.jpg
天ぷらだけで満足させることなく
こうした丁寧なこだわりでのもてなしはうれしいですね。
RIMG2692.jpg

こんにゃくと飛騨なめこ
RIMG2694.jpg
RIMG2695.jpg
まさかなめこを天ぷらでいただくなんて…
大きななめこは食べ応え十分
醤油スパイスがよく合います。

RIMG2696.jpg
このタイミングのこのサイズがちょうど良い
のど越しが気持ちいいお蕎麦でした。

穴子
RIMG2689.jpg
口の中でやわらかく広がるアナゴの身
太白ごま油と溶け合う脂の旨味
RIMG2701.jpg

天然鮎の天ぷら
RIMG2697.jpg
丁寧な下ごしらえ
頭か尾っぽまでサックリふっくら
岐阜が誇る清流で育まれた味は究極の地産地消
この季節、ぜひ味わっていただきたいし
私も再度味わいに行きたいと…。

RIMG2699.jpg
添えの空豆もほっくり

最後は天茶、ミニ天丼、梅茶づけから選べます。
私は天茶
RIMG2703.jpg
澄んだ出汁に揚げたてのかき揚げがのせられたときの
音も楽しめます。
RIMG2704.jpg
これだけ天ぷらが続いていながらも
まったく飽きることももたれることもなく
スッキリいただけてしまう優しい味です。

これは同伴者のミニ天丼
RIMG2702.jpg
ミニと言いながらもけっこうしっかり!
次回はこれかな。

デザートでさっぱり
RIMG2706.jpg

本格的な天ぷらをリーズナブルに…
豊かな気分で大満足でした。







てんぷら 元






以前から
「お魚が新鮮でおいしい」
と聞いていた 和味処きときと

まずはランチデビューです。
RIMG0953.jpg
うれしい和食ランチ
お魚が新鮮となればスペシャルにするしかありません!
RIMG0952.jpg

きときとスペシャルランチ
RIMG0960.jpg
ほっこりやさしい煮物や煮びたしに
素朴ながら繊細な卵焼き
さっくり天ぷらに脂ののった焼き魚
ぷるっとうれしい茶碗蒸し
日本の良き和食ラインナップ
RIMG0963.jpg
そして何より
RIMG0962.jpg
このツヤとハリ
RIMG0971.jpg
口の中ではね返る
間違いなく新鮮な歯ごたえを感じました。
まさに「きときと」
甘めの醤油も旬魚を引き立てます。

ランチを満喫した数日後
今度は夜にお邪魔しました。
3000円からのコースもあるようですが、
今回はアラカルトで…

若竹煮
RIMG1080.jpg
ほっくりとやわらかい筍に
ほんのり甘いおだしが馴染んでます。

しいたけの旨煮
RIMG1072.jpg
肉厚どんこの一番美味しいいただき方
このツヤ まぶしい!!
RIMG1074.jpg
そしてお刺身盛り合わせ
RIMG1079.jpg
ランチで確認済のきときとな刺身
RIMG1078.jpg

RIMG1077.jpg

RIMG1087.jpg

RIMG1081.jpg

RIMG1092.jpg
見ただけでわかってしまうでしょう?
この新鮮さはお店の一番の
真剣なこだわりなのかもしれません。

お店の方オススメの大いわしのしそ揚げ
RIMG1088_20120205120421.jpg
いわしの旨みと脂を青じそのさわやかな香りが包みます。
衣をほぐし広がる調和がたまりません!
RIMG1090.jpg
骨まで美味しく
RIMG1093.jpg

焼き魚はきす
大きくてびっくり!
RIMG1098_20120205000214.jpg
ふっくらと脂を逃さない絶妙な焼き加減
しっとりとした身に皮目の香ばしさが
一味そえます。

焼きおにぎり茶漬け 鮭
RIMG1096.jpg
意外としっかりめのおだしが
焼きおにぎりをほぐすたびになじんでいきます。



まさに名は体を表す。
次回はぜひカウンターでお酒と共に…






和味処 きときと












山県市の伊自良

まだ伊自良村だった頃
私は縁あってこの地でお仕事させていただいていました。
もう10年以上前になります。

「お蕎麦屋さんができたよ」

小さな村ですから飲食店がオープンすれば
ちょっとした村のニュースです。

入り組んだ場所にあるお蕎麦屋さん
結局、行くことなく異動となり…

先日、伊自良で一緒に勤めた仲間との久しぶりの時間
そのお蕎麦屋さんの話題に。

「美味しくて人気だよ」

伊自良話でなつかしついでに
10年以上経ってしまいましたが、
行ってきました。


蕎麦の舎いじら
RIMG9042.jpg

メニューは
ざるそば定食やおろしそば定食

そして「へぼ定食」
定食についてくるおこわがへぼおこわに変わるというもの。

食べることが大好きな私も
へぼは食べたことがありません!
でもいつか食べてみたいと思っていたので迷わず注文!

あっ
ここからは虫が苦手な方はちょっと辛いかもしれません。


RIMG9043.jpg
そばは殻を比較的キレイにしたタイプ!?
RIMG9044.jpg
おかずは
RIMG9046.jpg
大豆の甘煮、白ゴーヤのごまあえ、ひじきの煮物
安心手作りのおいしいお総菜にほっこりします。

蕎麦は、ならではのざらつき感が
つゆをほどよくからめてくれます。
RIMG9051.jpg
かむほどにやさしく蕎麦独特の香りが広がります。
田舎そばとは言い切れない、繊細で美味しい蕎麦です。


さて問題の!?へぼおこわです。
RIMG9045.jpg
つるつるのもち米にしょうゆが染みこんで黄金色。
つややか美味しそうな中にいますね~

ついついこんな写真を撮りたくなってしまいます。
苦手な方、ホントにごめんなさい
RIMG9052.jpg
という私も好きなわけではないので
さすがに実物を前にして、ほんの少し躊躇

でも口に入れればふわっとしょうゆが香り、
もっちり重みのあるおこわは
噛むのがうれしくなる甘みがあります。
とっても美味しかったです。

へぼ自体のお味はといえば…
淡白!?なので主張はしませんが、
美容においしい食材ですね!




さすがに
RIMG9054.jpg
最後、こんな風に残っちゃうと…(汗)


とろっと蕎麦湯も出てきてしっかり〆

なつかしの伊自良ののどかな風景と
美味しいお蕎麦とご当地美容食材!?を堪能



ごちそうさまでした。







蕎麦の舎いじら
この長良川を臨むロケーションと
RIMG7141.jpg

RIMG7179_20110424233953.jpg
リーズナブルでバラエティにとんだお料理で
人気の文化屋へ行ってきました。

この日はあいにくの雨でしたが
古い佇まいはしっとり雨の中でも素敵です。
RIMG7139.jpg

まずは…
RIMG7143.jpg
昼間のビールは格別です。

炙りサーモンのチャイニーズ風サラダ
RIMG7144.jpg

RIMG7146.jpg
しっとりレアなサーモンに
炙った香りとナッツの香ばしさ
シャキシャキの野菜と揚げたワンタンの食感
イントネーションの違いがおもしろく、おいしい

自家製卵豆腐 春の薬味ソース
RIMG7151.jpg

豚肉焼売 桜仕立て
RIMG7152.jpg

カリフラワーのスープ
RIMG7158.jpg

山菜の天ぷら
RIMG7159.jpg
菜の花、たらの芽、たけのこをカレー塩で…
衣がほぐれる瞬間に香る春の香り

ライチのグラニテ
RIMG7161.jpg

選べるメインは
黒鯛のエスカルゴバター包み焼き
RIMG7164.jpg
エスカルゴバターのコクをまとった
ふっくら旬魚のおいしさを引き立てるハーブの効いた
野菜のスープ仕立ての甘みもおいしい
RIMG7163.jpg

友人は岐阜健康豚のエスカルゴバター包み焼き
RIMG7165.jpg

出てきた土鍋は、
あさりご飯
RIMG7170.jpg
米ひとつぶひとつぶはっきりしていて
あさりもたっぷり
わかめのすまし汁とともにいただきます。
RIMG7171.jpg

デザートは
アイスクリームのグラタン
RIMG7172.jpg
冷たいアイスの上には温かいカスタードクリーム
RIMG7175.jpg

RIMG7176.jpg
お昼は最後に
桜茶か抹茶がいただけます。
RIMG7178.jpg


人気の秘密を再確認した美味しい時間
居心地が良く、ついつい長居をしてしまい
気がつけば、あんなにたくさんいたはずなのに
私たちだけになっていました。
RIMG7181.jpg






文化屋





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。