上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yo-shoku OKADAに行きました!
ちょっとだけ久しぶりなので小さくテンション上がります。

メニュー黒板を見てクギ付けになった
RIMG3282.jpg
特選飛騨牛ローストビーフサラダ
サラダですから下にはちゃんとハリハリの野菜
そしてジューシーなトマトが潜んでおります。
が何よりこのローストビーフ!

赤身の旨みを十分かみしめることができつつも
しっとりとやわらかく、口の中でおさまりのイイこと。
まさかの飛騨牛をまさかこんなにたっぷり堪能できるなんて!
この大きく削った濃厚チーズの香りも相まってすでに満足。

メインを待つ間のサラダであるはずもありません。

友人は、黒毛和牛ヒレハヤシライス(限定5食)
RIMG3291.jpg
この艶やかなハヤシルウに埋もれることなく
黒毛和牛ヒレ肉がゴロゴロとあふれています。
当然、一口いただきました。
マディラをデフォの3倍使用!とHPにありましたが
この一口でしっかりマデラ酒の甘味が濃厚に伝わって
衝撃的でした。ヒレ肉もやわらかい!

私は行く前から決めていた
RIMG3285.jpg
夏野菜どっさりビーフカレー
かぼちゃ、なす、ピーマン、ズッキーニ、フレッシュトマト
ゴーヤは白ゴーヤも!たっぷりです。
RIMG3294.jpg
シャキっと色よく下ごしらえされています。
それぞれの美味しさと甘味を味わう中に
キリッとスパイシーなカレールウ。
このメリハリがこの暑い夏に染みる美味しさです。
ビーフカレーですからゴロっとビーフもうれしい賑やかなひと皿。


思いがけず贅沢なビーフづくしになりました。
でも信じられないほどリーズナブル…
いいんですか?本当に?
とシェフに何度も聞き直してしまいそうです。




Yo-shoku OKADA
スポンサーサイト
今から1ヶ月ほど前の洋食おかだです。

この時、久しぶりに伺ったので
メニューを見て、あれもこれも食べたくなって
迷った挙句…結局食べたいものを全部オーダー(笑)

まずは激甘ジューシートマトサラダ
RIMG2353.jpg
このトマト、心して食べなくてはいけません。
口に入れ、果肉の甘味を楽しみ始めたかと思えば
果汁があふれ出し、あっという間になくなってしまいます。
RIMG2357.jpg
Sサイズだったんですけど、もしかしてLでも大丈夫かも!?
罪なサラダです(笑)

そして今回、一番楽しみにしていたのが
クラムチャウダー
RIMG2360_20120517214347.jpg
前回のオニオングラタンスープも素晴らしかったのですけど
このクラムチャウダーの食べ進めるほどに伝わる奥深さはスゴいです。
比較的サラっとしているスープの中にじゃがいも、セロリ、
もちろんあさりなどなど具もゴロゴロで食べごたえも十分
いつまでも口の中に残る旨味の余韻が幸せです。
RIMG2362.jpg

ズワイガニとポワローのキッシュ
RIMG2363.jpg
しっかり堪能できる大きさにカットされたキッシュ
さっくりとバター香るパイ生地が口の中でほぐれるところに
ズワイガニの身がたっぷりまろやかに広がります。
RIMG2364.jpg
RIMG2365.jpg

そしてこの日のメインは、
RIMG2372.jpg
シューファルシ
ドビイソースがたっぷりかかってつややかです。
RIMG2371.jpg
ぽってりとくるまれたところを真ん中から
RIMG2373.jpg
キャベツの繊維も何も遮ることなく、
スっとナイフが入るやわらかさ、練りこまれたミンチのキメの細さ
もちろん口の中でも優しく煮込まれた成果は
何も遮ることなく確認できます。
このタイミングで食べることができてホントよかった…


この日の私はちょうどシェフに背中を向ける形で
座っていたのですが、一口ごとに振り向いて
「おいしいぃ〜」って言いたかった(笑)

ホントに美味しかった!ごちそうさまでした。


そしてこれからのShefs Sope Of The Dayに期待するばかりです。





洋食おかだ



小さな頃からなじみのお店なので
ひとりでも気軽に行くことができます。

和洋厨房 ビュッフェ

定食メニューが豊富な洋食屋さんです。
既製品を使うことなくすべてが手作り!

トマトソースもクリームコロッケも
パン粉も食パンを削り、マヨネーズまでも卵と油で…
ホントにこだわりのお店なのです。

実は先日、トマトソースをもらったのですが
バジルが効いててとっても美味しかった!
市販のピザソースなんて買ってられません(笑)

そんなこだわりのビュッフェに先日行ったときに
入口の看板に「タンシチュー」とありました。
この時期限定だということで当然気になって…。
後日、友人たちとの食事会をビュッフェで
しかも無理を言ってタンシチューをメインにした
コース料意のようなものを出してもらえないか…

わがまま言っちゃいました。

ということで3000円コースです。
まずはサラダ
RIMG1796.jpg
一人分たっぷりです。
いかもたっぷりなので前菜サラダのようです。

スープはコーンポタージュ
RIMG1798.jpg
ひとくち飲んで、
これはただのコーンポタージュではないなと。
コーンの甘味の奥に深い旨みがあります。
マスターは野菜のブイヨンだといいましたが
絶対それだけじゃない!魚介系のエキスを感じます。

そして
RIMG1799.jpg
タイラギのブルケッタとからすみのパスタ
RIMG1800.jpg
バゲットが隠れるほどの大きな身がソテーされて乗っています。
大きな貝柱の部分をいただくのですが
ホタテよりも弾力がありながらもバゲットとのなじみが良いので
食べやすく、美味しかったです。
添えのパスタはシンプルにからすみの旨味だけでいただきます。
だからこそのからすみ、臭みのない、香り旨味豊かです。

アジのソテー
RIMG1801.jpg
皮目はパリッと。身はふっくらと脂もほどよく。
添えのジューシーなトマトで後味さっぱり。
安心の組み合わせです。

さぁいよいよタンシチューです。
RIMG1802.jpg
本格的!
添えはカキフライ
RIMG1804.jpg
ビュッフェのカキフライは身が大きくて
衣の加減もちょうど良くておいしいのです!
うれしい一粒

しっかり煮込まれたタンシチューは
もちろんナイフがいりません!
RIMG1805.jpg
ホロリとやわらかく溶けるタンにからむ
ソースは旨みの凝縮…
でいて後味は意外にスッキリしていて
タンそのものの旨味だけが残ります。

デザートはあんみつかコーヒーゼリー
RIMG1806.jpg
もちろん寒天もゼリーも手作り


まさかビュッフェでコースをいただけるなんて
思ってもいませんでしたが、想像以上に満足。
良い素材を知っているからこその生かし方。

またいつものわりご弁当にもどることになるんだけど(笑)
たまにこのわがままコースを利用してみようと思います。







和洋厨房 ビュッフェ
新年早々おじゃました
ビストロmaruのランチ

お店の雰囲気もお味もとっても気に入ったので
気の置けない友人たちとディナーに行ってきました!
RIMG1253.jpg
店内の明かりがあたたかい夜のロンドンバス
RIMG1257.jpg

今回は2500円コースに+αで3000円でお願いをしました。

まずはサラダ
RIMG1212.jpg
ハリハリの葉野菜と赤大根のシャキシャキのさっぱりに
しっとりチキンとまろやか卵…しっかり前菜サラダです。

あたたかい前菜は
にんじんとヤーコンのキッシュ
RIMG1213.jpg
トングでやさしくつかんだときに
「サクッ」と音がしました。
RIMG1216.jpg
地野菜のやさしい甘さと卵の香り
サックサクのパイ生地が放つバターのコクがたまりません。

魚介のアクアパッツア
RIMG1219.jpg
ゴロッと出てきたのは赤あんこうに
かわいいタコ、エビ、アサリ、いか…
RIMG1223.jpg
たっぷり魚介のおいしさとほどよく溶け合った
サフラン香るトマトベースのスープ…
濃厚だけど喉元をシンプルに過ぎていくので
次から次へとスープを口に運びたくなるのですが
このあとのお楽しみのためにちょっとだけガマン

牡蠣ときのこのクリームパスタ
RIMG1224.jpg
プリプリの牡蠣のクリーミーさが一緒になって
贅沢なクリームソースが口の中で出来上がります!
RIMG1225.jpg

途中で気付きました。
RIMG1217.jpg
ここはロンドンバスの2階
ライトアップされた犬山城が見えます。
RIMG1218.jpg

メインは鹿もも肉のロースト
RIMG1231.jpg
きれいなピンクは火入れの絶妙さ
粒マスタードと
御嶽のあじめこしょうを使ったゆずこしょうをそえて
RIMG1232.jpg
しっとりとやわらかく赤身独特のさっぱり味わい
臭みはまったくありません!!
鹿肉も部位でずいぶん違うのですね。
だからこそのシンプルな調理、味でいただく驚きの美味しさでした。
添えのじゃがいももとても甘くて美味しかったです。
RIMG1233.jpg

次に出てきたSTAUB鍋
ホント憧れます。欲しい…
RIMG1235.jpg
中身は
先程のアクアパッツァの美味しいエキスを
余すことなくしっかり味わえるリゾットです。
RIMG1239.jpg
ほどよいアルデンテと深い味わいを
しばらく口の中で楽しめる最高の〆です!

デザートを待つ、店内が暗くなりました。
RIMG1245.jpg
今月、誕生日を迎える友人のために
事前にお願いをしておいたサプライズです。

おめでとう♪
いくつになっても誕生日は良いものね(笑)

ナッツとキャラメルのタルト
RIMG1247.jpg
友人の「げんこつプリン」もいただきましたよ!
さっぱり目のお味にゴマときな粉の香りで深みをプラス

タルトはサラっととろける香ばしいキャラメルとナッツ
添えのバニラアイスやしっかり目のコーヒーがよく合います。



しっかり癒され満たされた犬山の夜のおかげで
帰りの少し長めの道中までも楽しかった…ごちそうさまでした。






びすとろmaru
洋食おかだ。

初めてのランチは
RIMG8400.jpg
次はBといくところがオムライスの気分で飛んで

をいただきました…それが昨年のお話。

全制覇をと思っていましたが、
今年に入ってトントンと…

まずはBランチ
RIMG0894.jpg
ポークジンジャーソテーは
食べごたえ、かみごたえ十分の厚み
RIMG0898.jpg
薄切り肉じゃないこの厚みが「おかだ」らしいなって
勝手に感心しつつ、肉の旨みを損なわない
程よい甘さと辛味のジンジャーソースがからんでます。

これは白米がすすみ…
と思いつつ、やっぱり外せなかったちょいがけ
RIMG0896.jpg

ランチのクリームコロッケを食べる度に
まだ食べることができていない
ディナーメニューのエビクリームコロッケに思いを馳せるのです。
そして大ぶりのエビフライはタルタルでいとおしく!
RIMG0897.jpg

脇を固める
RIMG0901.jpg
主役たちの合間にとっても大切。



そして別日。
もちろんDランチ
RIMG0941.jpg
これほどまでに贅沢なカツカレー食べたことありません。
RIMG0942.jpg
厚みがスゴイ!
RIMG0951.jpg
サクサクの衣に
大人味のビーフカレーがからみまくります。
しっかり豚肉の美味しさを感じる中に
ビーフの旨みが溶け出したカレー

これは白米も私も喜ばずにはいられません!
ホントに美味しくて食後の満足感がうれしいこと!
あっもうひとつうれしいことが…。
RIMG0906.jpg
プレミアムカードいただきました。
おかだマニアの仲間入り!?
ありがとうございます。


さぁこれでA〜D制覇 ごちそうさまでした
と思ったら…
2月3日からEランチが登場するとか。

さすが!気が抜けない洋食おかだ
いただける日までまた思いを馳せます!







洋食おかだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。