上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにビストロ ルボントン
RIMG2836.jpg

アミューズ
RIMG2839.jpg
とうもろこしのムース
RIMG2840.jpg
濃厚なとうもろこしの甘み
トマトのジュレのさわやかさと相まって
口の中でふくらみます。
RIMG2841.jpg
小さなアミューズでもこのひと手間…
あぶることでぐっと香りが増します。

大好きな前菜盛り合わせ
RIMG2842.jpg
相変わらずの充実プレート
RIMG2843.jpg
さっぱりと素材を生かしたスモークサーモン
カツオのカルパッチョ
牛タンのゼリー寄せ
生ハム
RIMG2844.jpg
ニシンのマリネ
RIMG2845.jpg
マグロにカモ
そしてサラミ…どれも香りを楽しむ細工がうれしく
ナイフとフォークが右往左往。

選べるスープは冬瓜とエビのブイヨンスープ
RIMG2846.jpg
小柱も加わって旨味十分
野菜の甘みも十分引き出されたスープを再度吸った冬瓜
舌でほぐれてあふれる味わいはいつまでも
余韻で楽しめそうなぐらい深いです。
RIMG2850.jpg

今日の自家製パンはバゲットと玉ねぎのパン
RIMG2851.jpg

メインは鮮魚のポワレをチョイス
RIMG2852.jpg

甘鯛、ホタテ、ヤリイカのソテー
にキノコや野菜がたっぷりあしらわれ
それを一まとめにするエビクリームソース
RIMG2854.jpg
エビの香りあふれるクリームソースは
トマトのフレッシュ感で意外にさっぱり
甘鯛のしまった身にたっぷりからめて…
どことなく主張するエビの旨味がすばらしい

デザート
RIMG2855.jpg
ヨーグルトのアイス
グレープフルーツソルベ&ジュレ
柑橘と乳製品の相性は抜群ですね。

久しぶりでしたが、相変わらずの手間暇
これで2600円はホント信じがたいです。



旬の恵み、生かすシェフに感謝




ビストロ ルボントン







スポンサーサイト
カジュアルフレンチだと私の中では一番!!
のビストロ ル ボントンに行ってきました。
RIMG0555.jpg

RIMG0586.jpg

まずはアミューズ
RIMG0560.jpg
グリーンアスパラガスのムース 小海老とトマトのジュレを添えて
RIMG0561.jpg
まろやかに口の中で広がる甘味
その中にトマトのさわやかな酸味がすっと入ってきます。
小海老のプリッとした食感もうれしい
ほんの3スプーンですが、
広がる美味しさはかなりの充実感

そして前菜盛り合わせ
RIMG0562.jpg
ふわっと盛られたサニーレタスを
いくつもの美味しさが囲み、包んでいます。
RIMG0564.jpg
パルマ産生ハム、奥はマグロの香草焼きバルサミコソース
チーズ豆腐、かつおのラビゴットソース
RIMG0569.jpg
牛タンとほうれん草のゼリー寄せ、鴨肉のスモーク
RIMG0566.jpg
エスカルゴにサーモンソテーは柚子こしょうで。
RIMG0567.jpg
ニシンのマリネ…なんと全部で9品

マグロをほんのり包む香草の香り
チーズより酸味は少なく、ミルクの甘味を十分楽しめる
やさしくてたまらないチーズ豆腐
どれもひと手間ふた手間…大切にいただきました。

スープは2種類どちらかが選べます。
RIMG0557.jpg
野菜とトマトのバジル風味のブイヨンスープ
RIMG0572.jpg
たっぷり野菜が
小柱の旨みも加わった
ブイヨンをたっぷり含んで美味しい

パンは自家製
RIMG0575.jpg
ふわふわのほうれん草のパン
おかわりは…
RIMG0583.jpg
かぼちゃでした!

メインも選ぶことができるのですが、お店の方が
「こちらのメニュー以外で牛ホホ肉の香草カツレツもご用意できます。」
とのこと。それならば…
RIMG0576.jpg
このボリューム
ホロッとやわらかく煮込まれてそれですでに
美味しいであろうホホ肉の煮込みをさらにカツレツ
マデラ酒の香る甘いソースがよく合います。
RIMG0579.jpg
この幾重にもなる手間暇がたまりません!
そしてもうひとつのたまらないは…
RIMG0582.jpg
きのこや野菜がたっぷりあしらってあること。
ボリュームのあるメインを
このたっぷりの野菜たちが調和してくれます。

デザート
RIMG0584.jpg
ホワイトチョコのムースとカシスジェラード
RIMG0585.jpg
濃厚でありながら後味はやさしい
ホワイトチョコの特徴を生かしたムース
甘酸っぱいカシスのさわやかなジェラード


この充実、満足感…やっぱり一番!
やっぱり大好き!





ビストロ ル ボントン
毎年この時期、楽しみにしているイベントがあります。

各務原のビストロセザールで行われる
かきパーティー
RIMG0223.jpg

解禁されたばかりのボジョレーと
牡蠣を思う存分堪能できるステキなイベントです。
今年も案内をいただき、さっそく予約。

まずは店内へ
RIMG0226.jpg
店主の説明を受けてからお店隣の牡蠣堪能スペースへ
RIMG0249.jpg

まずは軍手、箸
そして2011年モメサン・ボジョレーヌーヴォー
を手に取ります。
RIMG0227.jpg

三重的矢産かきは生で
RIMG0228.jpg
レモンを絞っていただきます。

北海道厚岸産かきは焼きで
RIMG0233.jpg
好きなだけ食べられる幸せ
好きなだけ飲むことができる幸せ
RIMG0238.jpg

焼くことによって濃厚な旨みと甘味
あふれ出る海の恵みのエキスたまりません!!
いくつ食べたか…わかりません(笑)

かきフライの準備が始まりましたよ
RIMG0229.jpg
パン粉がさっくさくの揚げたてかきフライはおひとりさま2個
RIMG0246.jpg

かきを堪能したあとは
RIMG0260.jpg
焼きホタテ
RIMG0259.jpg
特製コンソメをかけて、バターを乗せます。
コンソメスープはホタテの旨みを最大限に引き出します。
甘味が口の中で広がる幸せ
ずっととどまって欲しい(笑)

RIMG0266.jpg
焼きあさりも!
RIMG0268.jpg
ホタテとあさりはおひとりさま1個

ボジョレーもすすみ、ほろ酔いで大満足!
といきたいところですが、実はここまでは前菜!?
お店に戻り、コースの続きが待ってます!!

紅芋のポタージュ
RIMG0271.jpg
やさしいむらさきがかわいいスープ
さっくりふんわりの美味しいバゲットと一緒に…

さぁここでメインです
RIMG0273.jpg
かきたちにメインの座を奪われそうですが
牛フィレステーキのしっとりやわらかいこと
そう簡単にはメインの座を奪われない!?
RIMG0275.jpg
付け合わせの野菜たちもほんのりブイヨンと
ほんの少しのスパイシーな香りで美味しく脇を固めます。

デザートは洋梨のコンポートとココナッツアイス
キャラメルソース
RIMG0277.jpg
ココナッツアイスが大好きな私
口の中でほどけるコンポートにからまるココナッツの香り
すでにお腹はいっぱいなのですが、
最後の最後まで満足し続けることができる幸せ
RIMG0278.jpg


ワイングラスには番号シールが。
最後には抽選会があり、ちっちゃなお土産もいただけちゃいます。


これだけのもてなし。
シチュエーションが助ける美味しいだけじゃない楽しさ。
私の初冬恒例イベントです!




ビストロセザール









一宮のビランシアに行ってきました。
RIMG7702.jpg

自家菜園の無農薬野菜を使った
ていねいなフレンチです。
RIMG7705.jpg

まずはアミューズ

美味しい時間を始める
アミューズ&前菜は、
大げさかもしれませんがメインよりも
私にとっては大切かもしれません。

花ズッキーニの詰め物
RIMG7708.jpg
ホタテとエビの詰め物に
甲殻の旨みが溶け込んだエビのソース
RIMG7710.jpg
小さなお料理ですが、
口の中で広がる美味しさはとても大きく…

これからに期待

の前菜は
RIMG7712.jpg
自家製生ハム 稚鮎のエスカベッシュ
イカのカルパッチョ 
野菜も美味しく…
クリーミーなキュウリには
ミントがさわやか

パンの緑はなんと「わけぎ」
RIMG7715.jpg

冷たい菊芋のスープ
RIMG7725.jpg
甘さの中に大地の香りがします。

ここで普段のフルコースには含まれない一品
フォワグラの温製 ジュンベリーのコンフィチュール添え
RIMG7717.jpg
お店の10周年のサービスでした。
RIMG7721.jpg
濃厚なフォアグラに甘酸っぱい
コンフィチュールがよく合います。
もちろんパンに付けても最高でした!

選べる魚料理は
ホタテのポワレ
トリュフビグレットソース
RIMG7732.jpg
最初に鼻に抜ける焼き目の香ばしさとトリュフの香り
口の中に広がるホタテの甘さとやわらかさに
ねぎのフライのパリッとした食感

美味しい
RIMG7736.jpg
素直になります…


こちらは友人チョイス
RIMG7739.jpg
黒鯛のポワレ

お口直し
青じそのグラニテ
RIMG7738.jpg
どこまでも野菜にこだわってます。

肉料理はイベリコ豚のグリエ
バーニャカウダソース
RIMG7741.jpg
にんにくの香りは
イベリコ豚を何倍にも美味しくさせます。
RIMG7746.jpg

RIMG7743.jpg
旬のモロッコいんげんと
わらびのごはんがうれしい

デザートもまさかの野菜
きぬさやとマスカルポーネのムースケーキ
にんじんとはちみつのアイスクリーム
RIMG7749.jpg

アイスハーブティー
RIMG7757.jpg
マローというハーブ
効能は風邪によるのどの腫れや痛みだとか。

レモンを入れて
RIMG7758.jpg


野菜がひきたて
野菜をひきたてる…
身体が喜ぶフレンチでした。







フランス料理 ビランシア










私が昔住んでいた町に
「プティプルン」
というフランス家庭料理のお店があります。

もう20年以上続いているお店です。
RIMG7562.jpg

RIMG7564.jpg

ちょっと(かなり?)個性的なオーナーシェフが
信じられないお値段で美味しい家庭フランス料理を…

手書きのメニューも
RIMG7565.jpg
手書きのランチョンマットも!?
RIMG7563.jpg
個性的!アリです!!

いろんなコースがありますが、
私はこの2100円の選べるコースがお気に入りです。


オードブルは2種類選べます。
私は、魚のテリーヌとキッシュロレーヌをチョイス

今日は、まぐろのコンソメゼリー寄せでした。
RIMG7566.jpg

RIMG7567.jpg
旨みが凝縮されたコンソメゼリーに包まれた
しっとりまぐろをいただくのは
フレッシュなトマトの甘さと酸味
バジルが香るソース

ふわっと温かくベーコンの塩気と卵が美味しい
キッシュ
RIMG7571.jpg
選べるオードブルはワンプレートではなく
一皿一皿ていねいに…

手作りパンはほんのり甘くふわふわです。
RIMG7575.jpg

ここでなぜかパスタです!
スープかパスタ、どちらかが選べます。

カルボナーラ
RIMG7573.jpg
コースの合間に安心のあっさりカルボ

友人が選んだトマト味のパスタには
シーフードがたっぷりでしたよ。

いよいよメインです!
私はいつも魚の盛り合わせ
RIMG7580_20110605235201.jpg
どちらも白身のお魚ですが
まったく違った姿で盛り合わせられています。

RIMG7581.jpg
皮目のパリと身のしっとり感
温野菜のシャキッとした火の通し加減

RIMG7582.jpg
RIMG7587.jpg
ふわっと甘い魚のムース

温度、食感、味
どれも欠けることがない絶品メインです。

デザートは、ケーキ、アイスクリーム、シャーベットから
選べますが最初ならば絶対ケーキをおすすめします。
(私は最初も今もケーキばかりですが…)

しばらくするとシェフがどーんと
RIMG7588.jpg
いろんな意味でインパクトアリです!

好きなケーキを2種類選びます。
いちじくのタルトとかぼちゃプリン
RIMG7591.jpg

RIMG7595.jpg

シェフひとりでがんばっていますので
最初のお料理が出るまでにかなり待つことがあります。
でも手を抜くことなく最後までちゃんとちゃんとの料理…
ひとくち食べれば待った甲斐があったと思えるはず。

もし興味をもたれた方は十分ご理解いただいた上で
ぜひ個性的なシェフと絶品料理のギャップを楽しんでください。


アリです!







フランス家庭料理 プティプルン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。