上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。
長く美味しい時間をお休みしていました。
その間に結婚、出産があり、私の人生での
大きな変革期となっておりました。
そんな中でもちゃんと美味しい時間は
過ごしてましたよ。
少し余裕が出てきたのと
この逸品に今年も出会うことが
できた嬉しさから
ブログをゆっくり再開させようと決めました。
ゆっくり少しずつですがよろしくお願いします。

その逸品とは‥
もんぶらん
ロザリエッタの利平栗プレミアムモンブラン
もんぶらん2
クッキー生地にカスタード、
大きな丸ごと栗の渋皮煮、生クリーム
そしてたっぷり贅沢な利平栗のなめらかなペースト。
どれも欠けてはいけないし、
これ以上も必要ない!
素材の良さを引き立てる絶妙なバランス
で至福を感じる逸品です。

もちろん期間限定。予約しないと
いただけません。今年も出会えて良かった。

ロザリエッタ

スポンサーサイト
志むらを堪能した翌日
こちらも下呂を訪れると必ず寄ってしまう場所があります。

自家焙煎珈琲の店 緑の館
店内はアンティークな雰囲気
RIMG3087.jpg

自家焙煎の珈琲がとても美味しいのです。
RIMG3089.jpg
紅茶も珈琲(レギュラー以外)もこうして
サイフォンに入って出てきます。
RIMG3088.jpg

そして緑の館といえば
RIMG3083.jpg
リングトースト
RIMG3093.jpg
私の大好きなカツサンド
大きめ一口サイズにカットされたカツサンドが
山高く積まれたその下は
RIMG3105.jpg
特注のリングパン
中にはたっぷりバター&シナモンシュガー
RIMG3107.jpg
ほどよくソースがしみるジューシーなカツと
トーストされた香ばしいパンの組み合わせだけでも美味しいのに
さらに甘くてふわっとしたリングパンまで楽しめる…
このしょっぱ甘い2度おいしい組み合わせがたまりません!

ハムタマゴもフワフワ美味しい
RIMG3099.jpg
ちゃんと上のサンドイッチがバターやシナモンシュガーに
浸らないように配慮した盛り付けになってます!

そして浸っちゃってもいい組み合わせ
RIMG3101.jpg
バニラアイストースト メープル
RIMG3090.jpg

RIMG3102.jpg

あ~このブログをアップしているそばから
また食べたくなってしまいました(笑)





自家焙煎珈琲の店 緑の館


先月、下呂に行ってきました。
目的はもちろんのんびり温泉…

そして「志むら」です。

数年前に知人の紹介で訪れてから
すっかりファンになってしまいました。

温泉街近くの山をかなり登っていきます。
人里離れ、心細くなったころ!?に見えてきます。
RIMG3030.jpg
美しく整えられたこの趣にほっとします。
RIMG3032.jpg
目の前に広がるのは
RIMG3027.jpg
すぐ横には
RIMG3026.jpg

RIMG3034.jpg

RIMG3035.jpg

RIMG3037.jpg
素敵な個室がいくつかあるのですが、
今回は7人でお邪魔したので大きな広間に通していただきました。

まずは一杯…
RIMG3051.jpg
といきたいところですが、
ドライバーのためノンアル。
でもとってもおいしかった!グラスも素敵。

前菜
RIMG3038.jpg
じゃがいも豆腐
RIMG3042.jpg
北あかりのほっくりしたでんぷんの甘みを
優しく味わえます。

天然なめこしょうゆ漬け
沢蟹の素揚げ
稚鮎の煮付け
RIMG3041.jpg

鮎の白子
ふき味噌
ベビーコーンカレー風味
RIMG3040.jpg

飛騨牛しぐれ煮
地鶏肝の煮付け
オクラ
RIMG3039.jpg

あぶらめのフランス煮
RIMG3043.jpg
揚げて香ばしいあぶらめ
甘辛く煮あげたこの逸品は箸が止まりません。


こも豆腐と生麩の煮もの
RIMG3044.jpg

飛騨牛ローストビーフと
川マスの刺身、下呂名産こんにゃく
サラダ
RIMG3052.jpg
ほどよく肉汁が染み渡るしっとりローストビーフ
さわやかな川の香りをまとったマス
プルっと冷やかに気持ち良いこんにゃく
ハリっとした自家菜園野菜たちの瑞々しさ
RIMG3053.jpg

RIMG3054.jpg
香ばしく焼き上げられた天然あまご
全体に脂がいきわたり、ふっくら香りよく、
塩ではなく、だしじょうゆでさっぱりいただきました。

天ぷらは
あぶらめ、北あかり、みょうが
オクラ、ヤングコーン、大浦短形牛蒡
RIMG3056.jpg
しょうゆか塩でいただきます。
あぶらめは…
RIMG3058.jpg
子持ちでした。
RIMG3059.jpg
さっくり薄付きの衣はとても軽く、
油と小麦の甘みと香りを楽しんですぐ素材の旨味を包みます。

飛騨牛ネックの煮込み
RIMG3060.jpg
トロッと煮込まれて
牛肉特有の香りも旨味も添えの野菜や春雨に
すべてからめて堪能します。
RIMG3062.jpg



メインは、飛騨牛の味しゃぶ
RIMG3063.jpg
霜降りが美しい飛騨牛
RIMG3065.jpg
天然きのこの旨味が溶け出した極上出汁に
さっとぐぐらせていただく飛騨牛
出汁の旨味は引き立て引き出す絶妙な絡み
RIMG3064.jpg

RIMG3069.jpg
もちろん出汁はすべて飲みほしました!!

実は2人ほど牛肉が苦手であることを伝えておきました。
そんな2人はなんと
RIMG3066_20120807130232.jpg
蟹を用意していただいていました。
出汁も蟹用に変えてくださったそうです。
こちらもおいしそう…

志むらはお米にもこだわっています。
以前、あの「龍の瞳」をこちらで初めていただき感動!
すっかりハマってしまったのです。

今回は、その龍の瞳を取り扱ってる
飛騨まんま農園のこしひかり
粒こそは小さめですが、龍の瞳に負けず劣らずのおいしさです。
RIMG3075.jpg

デザートは自家製ブルーベリーのシャーベット
RIMG3076.jpg
まるでブルーベリーのペーストを
食べているかのような濃厚さに驚きました。


一品一品にこめられた山、川の恵みに感謝する思いが
伝わる素晴らしい時間を過ごしました。

また季節を変えて伺いたいと思います。





志むら





Yo-shoku OKADAに行きました!
ちょっとだけ久しぶりなので小さくテンション上がります。

メニュー黒板を見てクギ付けになった
RIMG3282.jpg
特選飛騨牛ローストビーフサラダ
サラダですから下にはちゃんとハリハリの野菜
そしてジューシーなトマトが潜んでおります。
が何よりこのローストビーフ!

赤身の旨みを十分かみしめることができつつも
しっとりとやわらかく、口の中でおさまりのイイこと。
まさかの飛騨牛をまさかこんなにたっぷり堪能できるなんて!
この大きく削った濃厚チーズの香りも相まってすでに満足。

メインを待つ間のサラダであるはずもありません。

友人は、黒毛和牛ヒレハヤシライス(限定5食)
RIMG3291.jpg
この艶やかなハヤシルウに埋もれることなく
黒毛和牛ヒレ肉がゴロゴロとあふれています。
当然、一口いただきました。
マディラをデフォの3倍使用!とHPにありましたが
この一口でしっかりマデラ酒の甘味が濃厚に伝わって
衝撃的でした。ヒレ肉もやわらかい!

私は行く前から決めていた
RIMG3285.jpg
夏野菜どっさりビーフカレー
かぼちゃ、なす、ピーマン、ズッキーニ、フレッシュトマト
ゴーヤは白ゴーヤも!たっぷりです。
RIMG3294.jpg
シャキっと色よく下ごしらえされています。
それぞれの美味しさと甘味を味わう中に
キリッとスパイシーなカレールウ。
このメリハリがこの暑い夏に染みる美味しさです。
ビーフカレーですからゴロっとビーフもうれしい賑やかなひと皿。


思いがけず贅沢なビーフづくしになりました。
でも信じられないほどリーズナブル…
いいんですか?本当に?
とシェフに何度も聞き直してしまいそうです。




Yo-shoku OKADA
ロザリエッタ
1日限定5食でなんともそそられるネーミングの
冷製パスタを提供するということで行ってきました。

その名も
超濃厚海汁 活〆天然黒鯛と活き渡り蟹の冷製パスタ
RIMG3260.jpg
山高く積まれた海と大地の恵
RIMG3261.jpg

RIMG3265.jpg
生パスタの少しざらついた表面に
渡り蟹の旨みたっぷりの海汁がしっかりからみます。
何よりこのもっちり生パスタと相まったときに
「絶妙」と言いきれる塩加減がとても印象的でした。

サックリと揚がった黒鯛と
RIMG3268.jpg
かぼちゃやナスの食感
そして冷製パスタとの温度差が
飽きさせず、ボリュームを持たせます。
RIMG3269.jpg
そんな演出をまとめあげるこの海汁の深い味
素晴らしかったです。

続いてピッツァ
RIMG3273.jpg
ネオナータ・ディ・ペッシェ。
白魚と地場野菜のピッツァです。

赤、黄色、緑…色鮮やかな地場野菜。
トマト、つるむらさきやかぼちゃ、オクラなど
夏の日差しを浴びた野菜は元気な味がします。
それを感じられる歯ごたえ、香りは絶妙な焼き加減で生まれます。

野菜の甘味を引き立てつつ
旨みがたっぷりいき渡る白魚も贅沢に。
RIMG3272.jpg

お腹も心も満たされたはずなのに
やっぱりデザートショーケースを覗き込んでる私…
ピッカンテ
RIMG3275.jpg
やさしい桃のコンポートとともにさらに心を満たし…

最後の最後まで
私の身体は喜びっぱなし。



ごちそうさまでした







Rosarietta
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。